株式会社エレクトロニカ IMT事業部 株式会社エレクトロニカ IMT事業部

WHAT'S NEW

【アプリケーション例】LIDAR

レーザを照射し、大気中の粒子・ガスなどの成分の検出、空気の流れの変化の解析が可能

レーザを照射してその反射光を検出・分析する事により、その成分を検出する事が可能な「LIDAR」をご紹介。
ドップラーLIDARは、定期の流れの変化を高速に読取り、空港などのダウンバーストなどの観測に利用。
自動車の自動運転用のセンサとしての開発も、急速に進められている。

 

検出対象の大きさ、変化のスピードのバリエーションにより、デジタイザには、検出速度の高速化、高分解能、高SNRが求められています。
詳細は、下記を参照してください。
LIDAR