株式会社エレクトロニカ IMT事業部 株式会社エレクトロニカ IMT事業部

WHAT'S NEW

『アプリケーション例』カテゴリーの投稿一覧

【アプリケーション例】マルチチャネル計測

複数カード連携が可能!大型装置などの多点の信号を同期測定

大規模物理実験装置、マトリックス状に配置した種々の素子の特性検査、大型装置などの多点の信号を、効率よく且つ、同期測定可能な「マルチチャネル計測」を紹介。

 

チャネル数は、カード当たり1,2,4,8ですが、複数カード(最大で8台)連携が可能。
「NETBOX」を使用することにより、サンプリングレートによっては、1台当たり、最大48チャネルまで可能

詳細は、下記を参照してください。
マルチチャネル計測
東京大学物性研究所 国際超強地場科学研究施設での応用例

 

 

 

【アプリケーション例】超音波計測

超音波センサからの信号を確実に捕捉する高速・高分解能デジタイジング!

高速化した超音波センサからの信号を確実に補足する事が可能な「超音波計測」をご紹介。

 

判定分解能向上のためのセンサ信号の広帯域化と、対象の大型化に伴うスキャン速度の高速化、スキャンエリアの拡大により、多量データ解析能力の必然性がアップしてきており、高速・高分解能デジタイザの要求ガでてきています。

詳細は、下記を参照してください.
超音波計測

【アプリケーション例】TOFーMS 質量分析計

トータル測定時間が減少!高分解能・高SNR
デジタイザの高速アベレージング機能と画像拡大機能により、解析が容易な「TOF-MS質量分析計」をご紹介。

 

従来のTDCタイプの質量分析計の欠点を補い、それに代わるものとして、デジタイザの積分機能を用いた装置が使用されていますが、さらに高速サンプリング、高分解能が求められています。
詳細は、下記を参照してください。
TOF-MS質量分析計

 

【アプリケーション例】LIDAR

レーザを照射し、大気中の粒子・ガスなどの成分の検出、空気の流れの変化の解析が可能

レーザを照射してその反射光を検出・分析する事により、その成分を検出する事が可能な「LIDAR」をご紹介。
ドップラーLIDARは、定期の流れの変化を高速に読取り、空港などのダウンバーストなどの観測に利用。
自動車の自動運転用のセンサとしての開発も、急速に進められている。

 

検出対象の大きさ、変化のスピードのバリエーションにより、デジタイザには、検出速度の高速化、高分解能、高SNRが求められています。
詳細は、下記を参照してください。
LIDAR