株式会社エレクトロニカ IMT事業部 株式会社エレクトロニカ IMT事業部

WHAT'S NEW

2017年5月の投稿一覧

2017.05.20

高速・高分解能デジタイザ用の機能(ボックスカー平均機能(移動平均機能))新発売

 SPECTRUM社の新しい「ボックスカー平均(移動平均)機能」は、ノイズを平滑化して、クリアな信号を得るために役立ちます。
m4i4450boxcar_lowres

技術的な特長
・オーバーサンプリングされた信号に対して分解能の改善
・SPECTRUM社の44xxシリーズPCIe、PXIeおよびNETBOXデジタイザのすべてに標準装備
・SBench6 Proによる完全サポート

◇この機能は、今後出荷される44xx製品だけでは無く、出荷済みのすべての44xxシリーズ製品に対しての標準機能です。
必要なお客様は、Spectrum Control Centerの「firmware upgrade」機能を使用することにより、この機能を手持ちの
デジタイザに付加する事ができます。

◇ボックスカー平均機能は、SPECTRUMの標準ドライバ(最も一般的なプログラミング言語をすべてサポート)でプログラ
ミング可能です。
また、自分自身でプログラムを書きたくないお客様のために、SPECTRUM社は、SBench 6-Proで、この機能をサポート
しています。

詳しい説明(英文)

詳しい説明(和文)

 


 

2017.05.17

アンケートキャンペーン開始のお知らせ

当社(エレクトロニカIMT)が、昨年の12月に、SPECTRUM社の製品(デジタイザ、AWG、DIO)を取り扱い始めて以来、SPECTRUM社は、各種デジタイザ・AWG製品を充実させてきており、皆様からの引き合い・注文もそれに従って順調に推移しています。

この度、皆様のご愛顧に応えるために、アンケートに回答いただいた方々に、定評のあるSPECTRUM社の「DIGITIZER HANDBOOK」を、進呈する事といたしました。

アンケートに、どしどし回答いただきますようお願い致します。

handbook

2017.05.08

SBench 6のMATLAB書き出しフィルタの機能が増強されました。

SBench 6の最新バージョンSBench6.3.5は、MATLAB書出しフィルタの機能を拡張しました。
詳しくは、下記のURLをを参照してください。
http://spectrum-instrumentation.com/en/blog/2017/sbench-6-connects-matlab

 

(参考)
・SPECTRUM社は、プログラミングを行いたくないユーザのために、強力なデータ収集ソフトウェアSBench 6及びSBench 6-Proを提供しています。
・SBench 6のMATLAB書出しフィルタは、100 kS/s 16ビット~5GS/s 8ビットの全てのデジタイザをサポートし、測定条件及びその測定結果をMATLABにexportすることができます。
・SPECTRUM社は、WindowsおよびLinux用のMATLABドライバのフルセットを提供しています。