株式会社エレクトロニカ IMT事業部 株式会社エレクトロニカ IMT事業部

WHAT'S NEW

単一原子を移動させるために使用されているSpectrumのAWGカード 

第二次量子革命の先駆的な研究における並外れた精度

調査対象の構成要素を実際に見ることができない場合、何が起こっているのかをどのように結論付けるか?これは、イオン格子内電子の量子挙動を調査する際の課題です。カリフォルニア州サンディエゴ大学の物理学部は、光格子内を移動する原子の観測可能な成分を使用して、わずかに大きいモデルを構築する方法により、これを解決しています。課題としては、原子を絶対零度近くまで冷却してから、レーザ光のパルスを使用して三角形の格子構造に移動させることです。レーザ光のパルスは、レーザービームの制御信号に実質的にノイズがなく、超精密である必要があります。これを実現するために、Spectrum社のM4i.6622-x8任意波形発生器が使用されています。

 

 

 

この記事の詳細(和文)

この記事の詳細(英文)