株式会社エレクトロニカ IMT事業部 株式会社エレクトロニカ IMT事業部

APP EXAMPLEアプリケーション例

2021.05.02

AFM 針先で原子をスキャン(ニューキャッスル大学)

統合されたマイクロカンチレバーにより原子をスキャン!

原子間力顕微鏡(AFM)の優れた解像度は、光ベースの顕微鏡よりも1000 倍以上に高感度
電子顕微鏡とは異なり、サンプルをその場で画像化可能
メカトロニクス、MEMS、および低ノイズ電子設計の専門知識を結集して、AFMシステムの
ナノテクノロジーの複雑さとコストを削減できる独自のソリューションの例

 

詳細は、下記を参照してください。
AFM 針先で原子をスキャンの例
針先で原子をスキャンする(和文)
針先で原子をスキャンする(英文)

2021.05.02

核融合炉(多チャネル対応)(イギリスの例)

核融合炉に関するタチャンネル測定対応

核融合はエネルギー生成のための究極の目標
リーズナブルな価格で、多チャネルの同期測定の要求がある
・digitizerNETBOX DN2.xxx.xx或いはDN6.xxxx.xx
多チャネル同期計測が可能(~48チャネル)
・M4i.22xx.xx 或いはM4i.44xx.xx+ドッキンングステーション
多チャネル同期計測が可能(~128チャネル/シャーシ)

 

詳細は、下記を参照してください。
核融合炉(多チャネル対応)
イギリスの例(英文)

2021.05.02

高磁場計測への応用(東京大学)

オペレータと機器を高磁場から保護するため、デジタイザシステムをリモートで操作可能

高磁界(100T)を最適制御するには、サブナノ秒毎に発射するプロセスの精度を向上させる必要がある
大きなコンデンサのバンクを起動するトリガイベントを互いに10ns以内に制御
1GS/sを超えるシングルショットサンプリングレート、完全同期の10チャネルデジタイザが必要

digitizerNETBOX DN6.221-12
 多チャネル、高速デジタイジング機能
 8ビット、12チャネル、1.25 GS/s
リモートコントロール機能
LAN 接続によるリモート制御
SBench6による、データ収集、表示機能

必要な分解能毎に、下記のdigitizerNETBOXも使用されている
DN2.592-16 16ビット、20MS/s、16チャネル
DN6.445-12 14ビット、500MS/s、12チャネル

 

詳細は、下記を参照してください。
高磁場計測への応用
東京大学の例

2021.05.02

単一原子に関しての実験(シュツットガルト大学)

ダイヤモンドの炭素原子を一度に1つずつ窒素原子に置き換える実験のために、Spectrum社の任意波形発生器を使用

・ダイヤモンドの炭素原子を一度に1つずつ窒素原子に置き換える実験のために、Spectrum社の任意波形発生器を使用
<用途>
レーザ、IQ変調を使用したマイクロ波信号、無線周波数パルスの生成、およびスピン状態を決定するためのデータ収集デバイスのトリガ制御
これには、10〜20nsecまでの非常に短いパルスが必要

使用AWG
generatorNETBOX DN2.663-04
1.25 GS / s、16ビット、4アナログ出力、6ヂジタル出力
・このAWGの使用により、800ピコ秒という非常に高時間分解能で制御可能
・多チャネル出力、効果的に実験全体を実行可能

 

詳細は、下記を参照してください。
単一原子に関しての実験
シュツットガルト大学の例(英文)

2021.05.02

単一原子を移動させるために使用されている Spectrum の AWG カード(サンディエゴ大学)

Spectrum社AWGの並外れた精度と超低ノイズにより、光格子内を移動する原子を観測可能

光格子内を移動する原子の観測可能な成分を使用して、各レーザパルスから正確に適切な量のエネルギーを供給
Spectrum社AWGの並外れた精度と超低ノイズは、まさに必要な機能

AWG(任意波形発生器)カード
M4i.6622-x8
高分解能、高安定性、低ノイズ
16ビット、625MS/s、8チャネル同期出力

 

詳細は、下記を参照してください
単一原子を移動させるために使用されている Spectrum の AWG カード
サンディエゴ大学の例(和文)
サンディエゴ大学の例(英文)

2021.05.02

MRI(Magnetic Resonance Imaging)への応用

NMR(核磁気共鳴)現象を応用した診断装置

・駆動装置(トランスミッタ)
任意波形発生器:300MHz帯域のパルス、sin波
パワーアンプ:数kV、数百A
・データ処理部(RFレシーバ)
低ノイズアンプ、ミキサ
デジタイザ:1MHz~300MHz帯域
12~16ビット
リアルタイムFFT処理など
・使用するカード例
hybridNETBOX DN2.825-xx
AWGカード M4i.662x-x8
デジタイザカード M4i.445x-x8

 

詳細は、下記を参照してください。
MRI(Magnetic Resonance Imaging)への応用
赤ちゃん向けの小型MRIへの応用

2021.05.02

セルソーティング(細胞分類)(東京大学)

さまざまなテクノロジーを利用したリアルタイムの自動化されたセルソーティングを提供

東京大学は、分子生物学、病理学、免疫学、ウイルス学の研究において基本的な役割を果たしている
セルソーティングに、Spectrum社のデジタイザを使用して、超高速(セル当たり32ms)のインテリジェントな
画像活性化セルソータ(IACS)を開発

・使用しているデジタイザ
アバランシェフォトダイオードからの信号を高速収集
デジタイザ M4i.2212-x8
1.25 GS / s 8ビット 4チャネル

 

詳細は、下記を参照してください。
セルソーティング(細胞分類)
Video

2021.05.02

道路上での動物検知(ドイツの例)

車の運転手や道路利用者に警告を送るシステムにSpectrumのデジタイザM2p.5926-x4を使用

野生動物が原因で発生した事故により、6億ユーロ以上の保険費用がかかっている。
これに対処するために、レーダ、光学カメラ、赤外線センサ、ニューラルネットワークを組み合わせて、
歩行者、自動車、自転車、バイク、鹿、キツネ、イノシシなどを区別して、これらの行動を予測できる
ようなシシテムが構築されている。

デジタイザM2p.5926-x4
16ビット、4差動チャネル、10MHz帯域
低消費電力、小型、低コスト
必要なすべてのデータをリアルタイムで同時に収集
非常に簡単で直感的に使用可能
5年保証

 

詳細は、下記を参照してください
道路上での動物検知
ドイツでの実施例(英文)