株式会社エレクトロニカ IMT事業部 株式会社エレクトロニカ IMT事業部

APP EXAMPLEアプリケーション例

マルチチャネル計測

複数カード連携が可能!大型装置などの多点の信号を同期測定

大規模物理実験装置、マトリックス状に配置した種々の素子の特性検査、大型装置などの多点の信号を、効率よく且つ、同期測定可能な「マルチチャネル計測」を紹介。

チャネル数は、カード当たり1,2,4,8ですが、複数カード(最大で8台)連携が可能。
「NETBOX」を使用することにより、サンプリングレートによっては、1台当たり、最大48チャネルまで可能。

詳細は、下記を参照してください。
マルチチャネル計測
東京大学物性研究所 国際超強地場科学研究施設での応用例
Multi-Channeiデジタイザの自動車計測への応用

任意波形発生器とデジタイザの連携_hybridNETBOXの適用事例

任意波形発生器とデジタイザの連携_hybridNETBOXの適用事例

任意波形発生器とデジタイザの連携(PCソフト或いはSBench6を使用)の例及び、hybridNETBOXの適用事例(PCソフト或いはSBench6を使用)の例を示す。

詳細は、下記を参照してください。
任意波形発生器とデジタイザの連携_hybridNETBOXの適用事例

SCAPPを使用した高速演算例の紹介

SCAPPを使用した高速演算例の紹介

SCAPP (Spectrum’s Cuda Access Parallel Processing)とGPUを使用しての高速演算の例を示しています。

CUDA:半導体メーカーNVIDIA社が提供するGPUコンピューティング向けの統合開発環境。プログラム記述、コンパイラ、ライブラリ、デバッガなどから構成されており、C言語によるプログラミングの経験があれば扱いやすくなっています。

OS環境:LINUX、Windows

詳細は、下記を参照してください。
SCAPPを使用した高速演算例の紹介

部品計測への応用例(AWGとデジタイザ)

部品計測への応用例(AWGとデジタイザ)

下記により、比較的簡単に部品計測が可能
SBench6の波形作成機能(Easy Generator)を使用してのAWG(任意関数発生器)からの信号発生
・デジタイザでの波形測定とSBench6使用してのX-Y表示機能
・AWGの波形発生に同期したデジタイザの測定機能

詳細は、下記を参照してください。
部品計測への応用例

アナログ_デジタル混在信号の同期計測

アナログ_デジタル混在信号の同期計測

デジタイザM2p.59xx-x4(16ビット)とDIオプション、或いは、M4i.44xx-x8(16/14ビット)とDIオプション

・物理層の信号計測(アナログ信号計測)とプロトコル層の信号計測(ロジックアナライザのイメージ)を同期データ収集

アナログ信号の分解能の最高ビットをデジタル信号に割り当てる事により、同期計測を実現。

・SBench6-Proを用いる事により、アナログ信号とデジタル信号を同一画面上に、同期しての表示が可能

詳細は、下記を参照してください。
アナログ_デジタル混在信号の同期計測_rev1

マルチチャネル多機能測定システム(同期計測)

高速アナログ信号発生、収集及びデジタルI/O信号の同期計測

下記のM2Pシリーズにより、アナログ信号、デジタル信号の同期計測が可能

M2p.5968-x4  16ビット、125MS/s 、4CHデジタイザ

M2p.6568-x4  16ビット、125MS/s 、8CH AWG

M2P7515-X4   32CH、Digital I/O

Star Hubを使用して、最大16個の異なるカード(デジタイザ、AWGS、デジタルI/Oモジュール)を混合しての同期計測可能

・SBench6-Proを用いる事により、アナログ信号とデジタル信号を同一画面上に、同期しての表示が可能

SBench6:プログラムなしで、測定条件の設定、測定データ の表示、格納他を行うことが出来るツール。

詳細は、下記を参照してください。
マルチチャネル多機能測定システムの詳細

Application noteへのリンク

超音波計測

超音波センサからの信号を確実に捕捉する高速・高分解能デジタイジング!

高速化した超音波センサからの信号を確実に補足する事が可能な「超音波計測」をご紹介。

判定分解能向上のためのセンサ信号の広帯域化と、対象の大型化に伴うスキャン速度の高速化、スキャンエリアの拡大により、多量データ解析能力の必然性がアップしてきており、高速・高分解能デジタイザの要求が、出てきています。

詳細は、下記を参照してください.
超音波計測

LIDAR

レーザを照射し、大気中の粒子・ガスなどの成分の検出、空気の流れの変化の解析が可能

レーザを照射してその反射光を検出・分析する事により、その成分を検出する事が可能な「LIDAR」をご紹介。
ドップラーLIDARは、大気の流れの変化を高速に読取り、空港などのダウンバーストなどの観測に利用。
自動車の自動運転用のセンサとしての開発も、急速に進められている。

検出対象の大きさ、変化のスピードのバリエーションにより、デジタイザには、検出速度の高速化、高分解能、高SNRが求められています。
詳細は、下記を参照してください。
LIDAR