株式会社エレクトロニカ IMT事業部 株式会社エレクトロニカ IMT事業部

APP EXAMPLEアプリケーション例

2021.05.02

単一原子に関しての実験(シュツットガルト大学)

ダイヤモンドの炭素原子を一度に1つずつ窒素原子に置き換える実験のために、Spectrum社の任意波形発生器を使用

・ダイヤモンドの炭素原子を一度に1つずつ窒素原子に置き換える実験のために、Spectrum社の任意波形発生器を使用
<用途>
レーザ、IQ変調を使用したマイクロ波信号、無線周波数パルスの生成、およびスピン状態を決定するためのデータ収集デバイスのトリガ制御
これには、10〜20nsecまでの非常に短いパルスが必要

使用AWG
generatorNETBOX DN2.663-04
1.25 GS / s、16ビット、4アナログ出力、6ヂジタル出力
・このAWGの使用により、800ピコ秒という非常に高時間分解能で制御可能
・多チャネル出力、効果的に実験全体を実行可能

詳細は、下記を参照してください。
単一原子に関しての実験
シュツットガルト大学の例(英文)