株式会社エレクトロニカ IMT事業部 株式会社エレクトロニカ IMT事業部

WHAT'S NEW

単一原子を移動させるために使用されているSpectrumのAWGカード 

第二次量子革命の先駆的な研究における並外れた精度

調査対象の構成要素を実際に見ることができない場合、何が起こっているのかをどのように結論付けるか?これは、イオン格子内電子の量子挙動を調査する際の課題です。カリフォルニア州サンディエゴ大学の物理学部は、光格子内を移動する原子の観測可能な成分を使用して、わずかに大きいモデルを構築する方法により、これを解決しています。課題としては、原子を絶対零度近くまで冷却してから、レーザ光のパルスを使用して三角形の格子構造に移動させることです。レーザ光のパルスは、レーザービームの制御信号に実質的にノイズがなく、超精密である必要があります。これを実現するために、Spectrum社のM4i.6622-x8任意波形発生器が使用されています。

 

 

 

この記事の詳細(和文)

この記事の詳細(英文)

 

 

hybridNETBOX

multi-channel AWG & amp; Digitizers in one box
一つの箱に中に、多チャネルのAWGとデジタイザ

同期した信号発生と収集 6種類
AWGとデジタイザ 2+2、4+4、8+8  サンプリングレート 20MS/s、40MS/s、80MS/s、125MS/s

 

hybridNETBOXの詳細
Video
Application Note

We are the LINUX experts

LINUX experts

130種類のデジタイザと55種類のAWG用のLINUX packageをサポート
We are the LINUX expertsの詳細

Fast PCIe digitizers with 8 additional digital inputs

Mixed-signal testに最適
一つの箱に中に、多チャネルのAWGとデジタイザ

M4i.44シリーズ(14/16ビット、~500MS/s)と同期して測定できる8チャネルもDIオプション
Fast PCIe digitizers with 8 additional digital inputsの詳細

2020.09.13

hybridNETBOX – 1つのボックスにマルチチャネルAWGとデジタイザ

電子信号を同時に生成、取得、分析できる単一の機器

Spectrum社は、1つのボックスにマルチチャネルAWGとデジタイザを持つhybridNETBOXを発売しました。
hybridNETBOXは、信号の生成と集録を同時に行う必要があるアプリケーション向けのエキサイティングな新しい計測プラットフォームです。 2、4、または8ペアのマッチしたAWGチャネルとデジタイザチャネルを選択できる6つのモデルがあり、出力レートとサンプリングレートは40、80、125 MS/sです。これらの製品は、電子信号を同時に生成および取得する機能を備えているため、自動閉ループまたは刺激応答タイプのテストを実行する必要がある測定システムに最適です。たとえば、レーダー、ソナー、ライダー、超音波などの「echo」信号を再現出力して、それを取得する事ができます。マルチチャネル機能により、送信機と受信機のアレイが使用されている場合でも、をテストできます。
hybridNETBOXは、コンポーネントとサブアセンブリを高速かつ自動化された方法でテストする必要があるATEアプリケーションにも適しています。 DUTとUUT(テスト中のデバイスまたはユニット)の機能と許容誤差を、多数の簡単に調整できる複雑な信号で実行することにより、すばやく確認できます。この強力なテストプロセスは、バステスト、MIMO通信、回路検証、メカトロニクス、ロボットなどの多くのアプリケーションに展開できます。

 

詳細説明(英文)
詳細説明(和文)
hybridNETBOXの詳細な説明とその応用例
【ビデオ】hybridNETBOX