株式会社エレクトロニカ IMT事業部 株式会社エレクトロニカ IMT事業部

APP EXAMPLEアプリケーション例

レーダパルスの測定

SBench6-ProとM5i.33xx-x16を使用して測定
・高速サンプリンレート(~10GS/s)測定
・位相変調波形分析(レーダの距離分解能の向上)
・取得したデータをMATLABに転送し、位相復調後にSBnch6にインポート
(SBench6-Proのexport、import機能を使用)
・収集した多量のデータをPCを使用して解析するために高速のデータ転送機能が必要

 

デジタイザ M5i.335xx-X16
・2チャネル, 12ビット, 最大10GS/S
・最大メモリ 8Gsample
・転送速度 最大12.8GS/s

 

SBench6
プログラムなしで、測定条件の設定、測定データの表示、格納、演算(FFTなど)、データのexport。Importが出来るツール

 

詳細は、下記を参照してください。
レーダパルスの測定
レーダパルスの測定(詳細)

M5i.33xx応用(英文)

直交変調された通信信号の解析

・ 8PSK 信号の測定と、信号の周波数スペクトルを表示
・カーソルによる、搬送波周波数に最も近い変調側波帯のオフセットの測定
・ 2 つの隣接するピーク間隔から、データ レート解析、フェーズブレーク間の信号の粒度解析
・取得されたRFキャリアは、別のベクトル信号解析ソフトウェアによりBench 6 の外部で復調され、その後、同相成分と直交成分の分析と表示のために SBench 6 に再インポート
・コンスタレーション ダイアグラムで、 状態遷移または軌跡図 で、データ

 

デジタイザ M5i.335xx-X16
・2チャネル, 12ビット, 最大10GS/S
・最大メモリ 8Gsamples
・転送速度 最大12.8GS/s

 

SBench6
・プログラムなしで、測定条件の設定、測定データの表示、
・格納、演算(FFTなど)、データのexport。Importが出来るツール

 

詳細は、下記を参照してください。
直交変調された通信信号の解析
直交変換された通信信号の解析(詳細)
M5i.33xx応用(英文)

DDR2メモリデータ信号の解析

・デジタル信号を測定する場合、測定器の帯域幅はデジタル システムのクロック周波数の 5 倍必要
・ダブルデータ レート (DDR 2) メモリは3 つのデジタル信号(クロック、ストローブ、データ)の測定結果を図に示す
・データ信号の FFT スペクトル演算が可能
・Sin(x)/x エンベロープをち、デバイスのクロックは 333 MHzであることが分かる。
・DDR メモリ操作は 2 倍のクロック レートで発生し、 スペクトル内のヌル値は 666 MHz およびそ
の周波数の整数倍で発生している。

 

デジタイザ M5i.335xx-X16
・2チャネル, 12ビット, 最大10GS/S
・最大メモリ 8Gsamples
・転送速度 最大12.8GS/s

 

SBench6

プログラムなしで、測定条件の設定、測定データの表示、格納、演算()FFTなど、データのexport。Importが出来るツール

詳細は、下記を参照してください。
DDR2メモリデータ信号の解析
DDR2メモリデータ信号の解析
M5i.33xx応用(英文)