株式会社エレクトロニカ IMT事業部 株式会社エレクトロニカ IMT事業部

WHAT'S NEW

針先で原子をスキャンする

Spectrumのデジタイザは、研究者が原子間力顕微鏡を改善するのに役立っています

原子間力顕微鏡(AFM)は、材料科学における重要なツールであり、表面の機械的スキャンに使用されています。表面の原子とナノスコピック針の先端の間に作用する力が測定および計算され、ナノメートルの何分の1かのオーダーの分解能が得られます。現在、オーストラリアのニューカッスル大学は、これらの複雑な機械を改良および簡素化しており、世界中の研究所での幅広い使用を可能にしています。この洗練された研究では8チャネルのSpectrum digitizerNETBOXが、AFMの進化を推進するために必要な高精度を提供しています。

詳細説明(和文)