株式会社エレクトロニカ IMT事業部 株式会社エレクトロニカ IMT事業部

WHAT'S NEW

『アプリケーション例』カテゴリーの投稿一覧

海洋環境模擬水槽での音波研究に高精度な計測が可能なスペクトラム社のPCIeカードを導入

スペクトラム社のデジタイザ とAWGが、新設の水中音響研究所に採用されました

デジタイザなど計測機器のメーカであるスペクトラム・インスツルメンテ-ション社(本社ドイツ・グロースハンスドルフ / 以下、スペクトラム社)は、米ユタ州にあるブリガムヤング大学(BYU)物理・天文学科の音響研究グループが、同大学の新しい水中音響研究所の主要実験装置にスペクトラム社製の最先端デジタイザと信号発生器を採用したことを発表しました。海洋環境のミニチュアを効果的に再現するこの施設は、水中の音波伝搬に関する研究を大きく飛躍させるものです。当施設では、さまざまな水の層における音波の挙動や、海底の岩、砂、泥など多様な地盤材料からの反響を調査するための実験が行われます。この縮小版の海で得た実験結果は、実世界の海洋に当てはめて検証できるようスケールアップする必要があるため、使用する計測機器には最高水準の精度が求められます。

 

詳細説明(和文)
詳細説明(英文)

スミソニアン研究所 星間物質調査のための画期的なマイクロ波分光計を作製

強力に改良された分光計心臓部にスペクトラム社製デジタイザカードを使用

デジタイザなど計測機器を製造するスペクトラム・インスツルメンテ-ション社(本社ドイツ・グロースハンスドルフ / 以下、スペクトラム社)が、ハーバード・スミソニアン天体物理学センターの研究グループがこの度、スペクトラム社製のデジタイザカードを用いた次世代分子分光計の開発に成功したことをお知らせします。マイクロ波分光計は分子構造の解明に非常に有効な装置で、絶対零度に近い極めて低い温度(1~5ケルビン)で動作します。分光計は通常、高い感度を得るには非常に狭い帯域で動作させる必要があり、帯域を広げると感度は低下しますが、スペクトラム社製のデジタイザを使用した、この分光計は高分解能と高感度の両方を実現し、従来の装置に比べて非常に高速でサンプルデータを収集することができます。

 

 

詳細説明

マックスプランク研究所は、Spectrumのデジタイザカードを使用して、遠くの星の直径を測定します

超クリーンな信号処理とナノ秒のデータ精度により、世界最大のチェレンコフ望遠鏡の前例のない感度を実現しています。

カナリア諸島のラパルマ島にあるMAGIC望遠鏡は、高エネルギーのガンマ線を放出する宇宙物体、つまり超新星やブラックホールを観測するために作られました。天文学者はまた、双子の望遠鏡を使用して星の直径を測定し、そのライフサイクル全体のプロセスを調査します。星の角直径は非常に小さく、わずか数ミリ秒角であるため、これは地球に向かう望遠鏡にとって困難な作業です。これは、ニューヨークから見たエッフェル塔の上のコインのサイズです。世界最大の望遠鏡でさえ、それらを直接測定することはできません。代わりに、研究者は、数十メートルの距離にあるいくつかの望遠鏡からの光を組み合わせることによって、物体の光強度を記録します。これは、強度干渉法と呼ばれる手法です。ただし、信号は非常に弱いため、スプリアス信号やクロストークが発生すると信号が圧倒されます。デジタイザカードのいくつかのメーカーを評価した結果、Spectrum社のM4i.4450-x8デジタイザカードが選択されました。

 

詳細説明

アプリケーション例に「連続データ収集」に続いて「M2pシリーズを使用したマルチチャネルテスト、測定システム構築に関しての記事」を追加しました

アプリケーション例、アプリケーション集に、連続データ収集の例に続き、マルチチャネル多機能システム(同期計測)設備診断を追加掲載しました。

Spectrum製品の機能と特長 マルチチャネル計測
任意波形発生装置とデジタイザの連携 hybridNETBOXへの適用事例
SCAPPを使用した高速測定例の紹介
電子機器・基板検査 部品計測への応用例(AWGとデジタイザ)
アナログ_デジタル混在計測の同期計測
マルチチャネル多機能測定システム(同期計測)
インダストリー 超音波計測
LIDAR
磁気特性計測への応用
タービンブレード振動計測
設備診断
TOF-MS質量分析計
物理・化学 TOF-MS質量分析計
加速器への応用
AFM針先で原子をスキャン(ニューキャッスル大学)
核融合炉(多チャネル対応)(イギリスの例)
高磁場計測への応用(東京大学)
単一原子に関しての実験(シュツットガルト大学)
単一原子を移動させるために使用されているSpectrumのAWGカード
(サンディエゴ大学)
医療・バイオ 超音波計測
光音響効果(フォトアコースティック)応用計測
MRI(Magnetic Resonance Imaging)への応用
セルソーティング(細胞分離)(東京大学)
通信・レーダ 道路上の動物検知(ドイツの例)
連続データ収集の例

 

 

Spectrum社は、カスタマイズされたマルチチャネルテストおよび測定システムの簡単な作成を可能にします

Spectrum社のモジュラ型PCIeカードM2pファミリが完成し、完璧に設えられたテストシステムに高コストパフォーマンスのソリューションを提供します。

  

デジタルI/Oカードが追加されたことにより、Spectrum社はPCIeカードのM2pファミリを完成しました。包括的で揃ったデジタイザと任意波形発生器(AWG)により、顧客は、最大125MSamples/secでの信号収集と波形発生に関しての要求を満たす、経済的なマルチチャネルテストおよび測定システムを作成できるようになりました。M2pカードはすべてハーフレングスのPCIeカードであるため、ほぼ全てのデスクトップPCに挿入して、必要仕様に完全適合するシステムを作成できます。

 

マルチチャネルテストの必要性は、かつてないほど高まっています。電子部品、デバイス、システムは、性能を向上させるためにアレイおよび並列化技術を使用することが多く、複雑さが増し続けています。従って、それらの性能テストでは、より多くの測定を同時に、より高速で行う必要があります。M2pシリーズは、数十、さらには数百のアナログおよびデジタルチャネルを備えたテストシステムの作成を可能にするための便利なソリューションを提供します。

Pic1-low-res-Customized-test-system.jpg (1500×849)

 

詳細説明(和文)

Videoへのリンク

Application noteへのリンク

 

 

Spectrum社のデジタイザカードは、詳細な測定データを提供することにより、水素燃料電池技術を向上させます

新しいコンピュータモデルは、研究を行う場合に大きなコストと時間の節約を約束します。

水素燃料電池は、特に自動車、大型トラック、バスなどのモバイルアプリケーションの炭素排出量を削減する上で重要な役割を果たします。
燃料は水蒸気を唯一の排出物とする、豊富で再生可能エネルギーの水素です。
しかし、現在、この新しい技術は高価ですが、ドイツのDuisburgにある水素および燃料電池センターであるZBTGmbHは、水素燃料電池の改善をするために継続的な研究プロジェクトを実施しています。
燃料電池のコンピュータモデルを作成するに当たり、Spectrum社の8チャンネルデジタイザM2i.4652を使用して、テストベンチでさまざまな燃料電池の性能を分析し、仮想セルモデルを改善するために、測定データを提供しています。

詳細説明(和文)

小型化したMRIスキャナは、病気の赤ちゃんの命を救うのに役立ちます

Spectrum 社の PCカードは、赤ちゃん向けの新しいMRIで重要な役割を果たします。

MRIスキャナは重要な診断ツールですが、大きく、非常に重く、冷却するためには液体ヘリウムが必要です。
Neoscan Solutions社は、病院の子供病棟に直接設置して、移動を短くし、睡眠中の病気の赤ちゃんを
スキャンできる、はるかに小型で軽量のMRIスキャナを製作しました。
はるかに小さくする設計のための鍵は、Spectrum社のデジタイザとAWGの使用です。
これらは、スキャナ信号を生成して結果をキャプチャするためのサブナノ秒のコヒーレンス精度を提供します。

 

詳細説明(和文)

電子航空機システムへの応用例

電子航空機システムのコア(中心)には、航空機の中のすべての装置とシステム間での内部データ通信と外部とのコミュニケーション用RF装置に関する機能と同様に、電力の発電と配電に関する機能も含まれています。すべての他の航空電子工学要素は、電力またはデータ通信のために、これらの必須バスに依存しています。

本稿には、PCIe、PXIe、LXIモジュールの、これらのシステムの検査とトラブル処理に対して必要な多チャンネル・データ収集及び、信号発生能力の提供が記述されています。

詳細説明(英文)

単一原子を移動させるために使用されているSpectrumのAWGカード 

第二次量子革命の先駆的な研究における並外れた精度

調査対象の構成要素を実際に見ることができない場合、何が起こっているのかをどのように結論付けるか?これは、イオン格子内電子の量子挙動を調査する際の課題です。カリフォルニア州サンディエゴ大学の物理学部は、光格子内を移動する原子の観測可能な成分を使用して、わずかに大きいモデルを構築する方法により、これを解決しています。課題としては、原子を絶対零度近くまで冷却してから、レーザ光のパルスを使用して三角形の格子構造に移動させることです。レーザ光のパルスは、レーザービームの制御信号に実質的にノイズがなく、超精密である必要があります。これを実現するために、Spectrum社のM4i.6622-x8任意波形発生器が使用されています。

この記事の詳細(和文)