株式会社エレクトロニカ IMT事業部 株式会社エレクトロニカ IMT事業部

WHAT'S NEW

『製品の紹介』カテゴリーの投稿一覧

Catalog 2022/2023が発行されました

カタログ 2022/2023が発行されました。
デジタイザの新製品(M5iシリーズ)とDIOの新製品(M2p.7515-x4)を掲載した
Catalog 2022/2023が発売されました。

Catalog 2022/2023

NVIDIA Clara™にスペクトラム社のデジタイザとAWGが新たに対応

NVIDIA Claraの開発者のPC上で利用できる豊富な64種類のPCIeード

デジタイザなど計測機器を製造するスペクトラム・インスツルメンテーション社(本社ドイツ・グロースハンスドルフ/以下、スペクトラム社)は、次世代のAI医療機器に向けたユニバーサルコンピューテイングアーキテクチャNVIDIA Clara AGX™に対応したドライバの提供を開始します。64種類のスペクトラム社製デジタイザ、AWG(任意波形発生器)、デジタルI/Oカードが選択できるため、この新型ドライバは、科学者や開発者に対し、NVIDIA Clara AGXキットによるハイスピードなアナログおよびデジタル電子信号の取得・発生を可能にするものです。この豊富な選択肢により、ユーザーは必要とする電子信号の取得条件を確実に満たすことができます。

詳細説明(和文)

マックスプランク研究所は、Spectrumのデジタイザカードを使用して、遠くの星の直径を測定します

超クリーンな信号処理とナノ秒のデータ精度により、世界最大のチェレンコフ望遠鏡の前例のない感度を実現しています。

カナリア諸島のラパルマ島にあるMAGIC望遠鏡は、高エネルギーのガンマ線を放出する宇宙物体、つまり超新星やブラックホールを観測するために作られました。天文学者はまた、双子の望遠鏡を使用して星の直径を測定し、そのライフサイクル全体のプロセスを調査します。星の角直径は非常に小さく、わずか数ミリ秒角であるため、これは地球に向かう望遠鏡にとって困難な作業です。これは、ニューヨークから見たエッフェル塔の上のコインのサイズです。世界最大の望遠鏡でさえ、それらを直接測定することはできません。代わりに、研究者は、数十メートルの距離にあるいくつかの望遠鏡からの光を組み合わせることによって、物体の光強度を記録します。これは、強度干渉法と呼ばれる手法です。ただし、信号は非常に弱いため、スプリアス信号やクロストークが発生すると信号が圧倒されます。デジタイザカードのいくつかのメーカーを評価した結果、Spectrum社のM4i.4450-x8デジタイザカードが選択されました。

 

詳細説明

Spectrum社は、カスタマイズされたマルチチャネルテストおよび測定システムの簡単な作成を可能にします

Spectrum社のモジュラ型PCIeカードM2pファミリが完成し、完璧に設えられたテストシステムに高コストパフォーマンスのソリューションを提供します。

  

デジタルI/Oカードが追加されたことにより、Spectrum社はPCIeカードのM2pファミリを完成しました。包括的で揃ったデジタイザと任意波形発生器(AWG)により、顧客は、最大125MSamples/secでの信号収集と波形発生に関しての要求を満たす、経済的なマルチチャネルテストおよび測定システムを作成できるようになりました。M2pカードはすべてハーフレングスのPCIeカードであるため、ほぼ全てのデスクトップPCに挿入して、必要仕様に完全適合するシステムを作成できます。

 

マルチチャネルテストの必要性は、かつてないほど高まっています。電子部品、デバイス、システムは、性能を向上させるためにアレイおよび並列化技術を使用することが多く、複雑さが増し続けています。従って、それらの性能テストでは、より多くの測定を同時に、より高速で行う必要があります。M2pシリーズは、数十、さらには数百のアナログおよびデジタルチャネルを備えたテストシステムの作成を可能にするための便利なソリューションを提供します。

Pic1-low-res-Customized-test-system.jpg (1500×849)

 

詳細説明(和文)

Videoへのリンク

Application noteへのリンク