株式会社エレクトロニカ IMT事業部 株式会社エレクトロニカ IMT事業部

WHAT'S NEW

2019年10月の投稿一覧

2019.10.16

M2pシリーズ 16ビット任意波形発生器対応のgenetratorNETBOX DN6.65xを発売しました。

DN6.65xシリーズは、最大48チャネルの同期信号発生を可能にします。

複数の波形を同時に発生する必要のあるエンジニアや科学者のために設計されたSpectrum社の最新の任意波形発生器は、チャネル当たりのコストの軽減目的で、24~48チャネルの同期出力チャネルを、一つのラッキング可能なケースの形で提供します。多チャネルの自動テストシステムに最適な8種類のバリエーションがあり、任意のPC或いは、LANへのイーサネット接続を介して完全なリモートコントロールを実現でき、 それらにより、ほとんど全てのテストシステムを容易に統合できます。このDN6.65xシリーズは、最先端の16ビットデジタル/アナログコンバータ技術を搭載し、低ノイズでフレキシブルな出力と組み合わせることで、DCから60MHzの周波数範囲で、ほぼすべてのテスト信号を発生できます。
Spectrum社の新しいgeneratorNETBOX DN6.65xシリーズは、24、32、40、48チャネルの完全同期信号発生が可能、最近発売された小型のDN2.65x製品(4~16チャンネル)を補完します。このような多チャネル数は、AWGの新しい形を提供し(ほとんどの従来製品は 1、2 、4 チャネル)、チャネル当たりの非常に有利な価格を提供します。さらに、単一の計測器のセットアップ、プログラミング、制御は、多数のAWG計測器を使用する必要があるマルチチャネルシステムの構築と運用とに比較して、はるかに簡単に行えます。

 

詳細説明(英文)
詳細説明(和文)