株式会社エレクトロニカ IMT事業部 株式会社エレクトロニカ IMT事業部

WHAT'S NEW

『新製品情報』カテゴリーの投稿一覧

記録破りのデジタイザが次の変革をもたらす

スペクトラム社が最先端のデジタイザシリーズを拡

デジタイザなど計測機器を製造するスペクトラム・インスツルメンテーション社(本社ドイツ・グロースハンスドルフ/以下、スペクトラム社)は、最新の16レーンPCIeインターフェース(Gen3)を採用した、コストパフォーマンスに優れたデジタイザファミリーに、新しいモデル(M5i.3321-x16)の追加を発表しました。

スペクトラム社が、世界に先駆けて16レーンPCIeインターフェース(Gen3)を採用したデジタイザは、大容量データを連続して送受信を行えるストリーミング処理を可能にし、世界的な反響を呼んでいます。このカードは、取得データを、バスを介して毎秒12.8GBという驚異的なスピードでストリーミング処理することが可能で、現在市販されている他のPCIeデジタイザの倍近い転送速度を誇ります。この度、スペクトラム社は、これまでのモデルに加え、費用対効果の高い、特にデュアルチャネルのアプリケーションを意識したモデルを発売しました。この新型モデルは、前モデルと同様の高速ストリーミング機能を維持しており、各チャネルは完全同期し、12ビット、最大3.2GS/秒のサンプリングが可能です。また、両チャネルとも最大サンプリングレートで動作中であっても、取得したデータが失われることはありません。この超高速バスを介することにより、全データを直接PCメモリに転送して保存、或いは、CPUおよびCUDAベースのGPUに転送して処理や解析を行うことが可能となります。

詳細説明(和文)
主な仕様(和文)
主な仕様(英文)

NVIDIA Clara™にスペクトラム社のデジタイザとAWGが新たに対応

NVIDIA Claraの開発者のPC上で利用できる豊富な64種類のPCIeード

デジタイザなど計測機器を製造するスペクトラム・インスツルメンテーション社(本社ドイツ・グロースハンスドルフ/以下、スペクトラム社)は、次世代のAI医療機器に向けたユニバーサルコンピューテイングアーキテクチャNVIDIA Clara AGX™に対応したドライバの提供を開始します。64種類のスペクトラム社製デジタイザ、AWG(任意波形発生器)、デジタルI/Oカードが選択できるため、この新型ドライバは、科学者や開発者に対し、NVIDIA Clara AGXキットによるハイスピードなアナログおよびデジタル電子信号の取得・発生を可能にするものです。この豊富な選択肢により、ユーザーは必要とする電子信号の取得条件を確実に満たすことができます。

詳細説明(和文)

次世代デジタイザカードは、転送速度の障壁を打ち破ります

12.8 GB /秒の大規模なデータストリーミングにより、6.4 GS / s,12ビット分解能のリアルタイム処理が可能になります。

2022年3月9日、ドイツのSpectrum社からリリースされた2種類の新しいPCIeデジタイザカードが、PCベースの機器に次世代のパフォーマンスをもたらします。 カードは、PCIe、16レーンGen 3テクノロジを使用して、取得したデータを12.8 GB / sという驚異的な速度でバス上にストリーミングできます。 これは、現在市場に出ている他のPCIeデジタイザのほぼ2倍の転送速度です。 さらに、カードを最大サンプリングレート6.4 GS / s、12ビット分解能で継続的に実行し、取得したデータをPCメモリに直接転送して保存、CPUやCUDAベースのGPUに転送して処理・分析ができます。

 

詳細説明(和文)
主な仕様(和文)
主な仕様(英文)

Spectrumは、高性能アプリケーション向け「Julia」SDKのパイオニアです

ソフトウェア言語「Julia」は、AI、医学、ロボット工学の開発を加速します。

コロナウイルスとの戦いは、医療研究期間だけでなく、コンピューティングでも行われています。
ワクチン開発のために膨大な量のデータを処理するには、高度なツールが必要です。
これらの用途において、比較的新しいソフトウェア言語である「Julia」の人気が急上昇しています。
Cプログラミングに匹敵する速度と機能を提供すると同時に、科学的および数値的計算も可能にします。
高度な科学的テストおよび測定機器の大手メーカーとして、Spectrum社は、Juliaを使用して200を超える
さまざまなデジタイザ、ジェネレータ、デジタルI / O製品をプログラミングするためのソフトウェア開発キット
(SDK)を作成したことを発表しました。

 

詳細説明(和文)

Spectrum社の多用途要デジタルI/Oカードは、サイズとコストを削減

自動化されたロジック分析とパターン生成のための、経済的で新しいソリューション

Spectrum社の新しいデジタルI/Oカードは、エンジニアと科学者に、費用対効果の高い、高速デジタル信号の生成および取得機能を提供します。モデルM2p.7515-x4は、サイズがわずか168×107 mmのハーフレングスPCIeカードです。形状が小さいため、ほとんどすべてのデスクトップPCに挿入でき、ロジック分析やパターン生成などのアプリケーション向けの強力なツールになります。このカードは、最大125MHzの速度でクロッキングできるパラレル32チャネルを備えています。

詳細説明(和文)

SpectrumのデジタイザとAWGは、ARMベースのNVIDIA Jetsonをサポートします

顧客の需要が、小さくて強力なシステムの開発につながる

顧客からの多数の要求を受けて、Spectrumは、NVIDIAの組み込みコンピューティングボードであるNVIDIA Jetsonのドライバをサポートするようになりました。新しいドライバパッケージは、PCIeインターフェイスを備えたSpectrumの高性能デジタイザ、AWG、デジタルI / O製品(現在65種類のカード)を、この小さいながらも強力なプラットフォームで使用できることを意味します。

詳細説明(和文)
SCAPP Option

Spectrum社の「1つのボックスに収まった信号発生器とデジタイザ」に、4種類の新しい高速シリーズが追加されました

新しいhybridNETBOXは、より高速な信号の生成と収集を行えます

Spectrum社は、2021年1月27日に、4種類の高速モデルを追加してhybridNETBOXを拡充しました。 hybridNETBOXは、マルチチャネル任意波形発生器(AWG)とデジタイザを1つのポータブルユニットに組み込んだ革新的な計測プラットフォームです。 信号の生成と収集を同時に行う独自の機能を備えたこれらの強力なツールは、刺激応答または閉ループタイプのテストなどのアプリケーションに最適です。 現在、合計10種類のhybridNETBOXモデルが利用可能であり、2+2、4+4、または8+ 8のチャネルタイプと、40 MS/sから1.25GS/sまでのサンプリングレートを備えています。

 

新しいモデルは、2または4チャネルのAWGと同じチャネル数のデジタイザ構成の選択が可能です。 AWGは、最新の高分解能16ビットのデジタル-アナログコンバータ(DAC)を使用しているため、ほぼすべての波形を生成できます。 625 MS/sまたは1.25 GS/sの出力レートと、最大400 MHz(オプションで600 MHz)の信号帯域幅のモデルがあります。 625 MS/sのモデルは、最大±3Vの振幅の信号を50Ωの負荷に出力するか±6Vの高インピーダンス(1MΩ)負荷に出力するようにプログラムできます。 1.25 GS/sでのモデルは、±2.5Vの信号を50Ω負荷に出力或いは、±5Vで1MΩ負荷に出力できます。

 

信号収集の場合、デジタイザはAWGと同様に優れたパフォーマンスを備えています。 ユーザーは、250 MS/s のサンプリングレートと16ビットの分解能、または500 MS/sのサンプリングレートと14ビットの分解能を提供するモデルから選択できます。 各入力チャネルは、±200 mVから±10 Vフルスケールまでの6つの選択可能な入力範囲、信号オフセット、および、50 Ωまたは1 MΩの入力インピーダンスをプログラム可能です。 AWGとデジタイザはどちらも、ほぼすべての出力またはサンプリングレート設定を選択できる柔軟なクロッキングシステムを有しており、ユーザーは必要な速度で信号を生成または収集できます。

詳細説明(和文)
主な仕様(和文)
主な仕様 80xx/81xx(英文)
主な仕様 82xx(英文)
hybridNETBOXの詳細な説明とその応用例
【ビデオ】hybridNETBOX

SpectrumのソフトウェアSBench6の洗練された新機能

ドイツのSpectrum社は、その強力なソフトウェアSBench6にカスタマイズ、自動化、および補間機能を追加します

Spectrum社の130種類の高性能デジタイザ、55種類の任意波形発生器、5種類のデジタルI / Oを制御するために使用されるソフトウェアSBench6-Professionalに多数の新機能が追加されました。SBench6は、計測制御、データ収集、生成、表示、分析、および文書化のための使いやすいグラフィカルインターフェイスを提供します。 新機能は、ほとんど無料で、自動化のための機能を追加するだけでなく、信号処理と測定精度のためのソフトウェアの機能を向上させることにより、SBench6ソフトウェアの多様性を拡張します。
・スクリプトツールによる簡単な自動化(Auto sequence)機能
・データ補完による測定精度向上
・演算機能のユーザカスタマイズ(オプション)
・便利なPreview機能

 

fig2_interpolation_highres

 

News
詳細説明(和文)
SBench6 Datasheet

 

hybridNETBOX – 1つのボックスにマルチチャネルAWGとデジタイザ

電子信号を同時に生成、取得、分析できる単一の機器

Spectrum社は、1つのボックスにマルチチャネルAWGとデジタイザを持つhybridNETBOXを発売しました。
hybridNETBOXは、信号の生成と集録を同時に行う必要があるアプリケーション向けのエキサイティングな新しい計測プラットフォームです。 2、4、または8ペアのマッチしたAWGチャネルとデジタイザチャネルを選択できる6つのモデルがあり、出力レートとサンプリングレートは40、80、125 MS/sです。これらの製品は、電子信号を同時に生成および取得する機能を備えているため、自動閉ループまたは刺激応答タイプのテストを実行する必要がある測定システムに最適です。たとえば、レーダー、ソナー、ライダー、超音波などの「echo」信号を再現出力して、それを取得する事ができます。マルチチャネル機能により、送信機と受信機のアレイが使用されている場合でも、をテストできます。
hybridNETBOXは、コンポーネントとサブアセンブリを高速かつ自動化された方法でテストする必要があるATEアプリケーションにも適しています。 DUTとUUT(テスト中のデバイスまたはユニット)の機能と許容誤差を、多数の簡単に調整できる複雑な信号で実行することにより、すばやく確認できます。この強力なテストプロセスは、バステスト、MIMO通信、回路検証、メカトロニクス、ロボットなどの多くのアプリケーションに展開できます。

 

詳細説明(和文)
hybridNETBOXの詳細な説明とその応用例