株式会社エレクトロニカ IMT事業部 株式会社エレクトロニカ IMT事業部

WHAT'S NEW

マックスプランク研究所は、Spectrumのデジタイザカードを使用して、遠くの星の直径を測定します

超クリーンな信号処理とナノ秒のデータ精度により、世界最大のチェレンコフ望遠鏡の前例のない感度を実現しています。

カナリア諸島のラパルマ島にあるMAGIC望遠鏡は、高エネルギーのガンマ線を放出する宇宙物体、つまり超新星やブラックホールを観測するために作られました。天文学者はまた、双子の望遠鏡を使用して星の直径を測定し、そのライフサイクル全体のプロセスを調査します。星の角直径は非常に小さく、わずか数ミリ秒角であるため、これは地球に向かう望遠鏡にとって困難な作業です。これは、ニューヨークから見たエッフェル塔の上のコインのサイズです。世界最大の望遠鏡でさえ、それらを直接測定することはできません。代わりに、研究者は、数十メートルの距離にあるいくつかの望遠鏡からの光を組み合わせることによって、物体の光強度を記録します。これは、強度干渉法と呼ばれる手法です。ただし、信号は非常に弱いため、スプリアス信号やクロストークが発生すると信号が圧倒されます。デジタイザカードのいくつかのメーカーを評価した結果、Spectrum社のM4i.4450-x8デジタイザカードが選択されました。

 

詳細説明