株式会社エレクトロニカ IMT事業部 株式会社エレクトロニカ IMT事業部

WHAT'S NEW

『お知らせ』カテゴリーの投稿一覧

Spectrum社の「1つのボックスに収まった信号発生器とデジタイザ」に、4種類の新しい高速シリーズが追加されました

新しいhybridNETBOXは、より高速な信号の生成と収集を行えます

Spectrum社は、2021年1月27日に、4種類の高速モデルを追加してhybridNETBOXを拡充しました。 hybridNETBOXは、マルチチャネル任意波形発生器(AWG)とデジタイザを1つのポータブルユニットに組み込んだ革新的な計測プラットフォームです。 信号の生成と収集を同時に行う独自の機能を備えたこれらの強力なツールは、刺激応答または閉ループタイプのテストなどのアプリケーションに最適です。 現在、合計10種類のhybridNETBOXモデルが利用可能であり、2+2、4+4、または8+ 8のチャネルタイプと、40 MS/sから1.25GS/sまでのサンプリングレートを備えています。

 

新しいモデルは、2または4チャネルのAWGと同じチャネル数のデジタイザ構成の選択が可能です。 AWGは、最新の高分解能16ビットのデジタル-アナログコンバータ(DAC)を使用しているため、ほぼすべての波形を生成できます。 625 MS/sまたは1.25 GS/sの出力レートと、最大400 MHz(オプションで600 MHz)の信号帯域幅のモデルがあります。 625 MS/sのモデルは、最大±3Vの振幅の信号を50Ωの負荷に出力するか±6Vの高インピーダンス(1MΩ)負荷に出力するようにプログラムできます。 1.25 GS/sでのモデルは、±2.5Vの信号を50Ω負荷に出力或いは、±5Vで1MΩ負荷に出力できます。

 

信号収集の場合、デジタイザはAWGと同様に優れたパフォーマンスを備えています。 ユーザーは、250 MS/s のサンプリングレートと16ビットの分解能、または500 MS/sのサンプリングレートと14ビットの分解能を提供するモデルから選択できます。 各入力チャネルは、±200 mVから±10 Vフルスケールまでの6つの選択可能な入力範囲、信号オフセット、および、50 Ωまたは1 MΩの入力インピーダンスをプログラム可能です。 AWGとデジタイザはどちらも、ほぼすべての出力またはサンプリングレート設定を選択できる柔軟なクロッキングシステムを有しており、ユーザーは必要な速度で信号を生成または収集できます。

詳細説明(和文)
主な仕様(和文)
主な仕様 80xx/81xx(英文)
主な仕様 82xx(英文)
hybridNETBOXの詳細な説明とその応用例
【ビデオ】hybridNETBOX

SpectrumのソフトウェアSBench6の洗練された新機能

ドイツのSpectrum社は、その強力なソフトウェアSBench6にカスタマイズ、自動化、および補間機能を追加します

Spectrum社の130種類の高性能デジタイザ、55種類の任意波形発生器、5種類のデジタルI / Oを制御するために使用されるソフトウェアSBench6-Professionalに多数の新機能が追加されました。SBench6は、計測制御、データ収集、生成、表示、分析、および文書化のための使いやすいグラフィカルインターフェイスを提供します。 新機能は、ほとんど無料で、自動化のための機能を追加するだけでなく、信号処理と測定精度のためのソフトウェアの機能を向上させることにより、SBench6ソフトウェアの多様性を拡張します。
・スクリプトツールによる簡単な自動化(Auto sequence)機能
・データ補完による測定精度向上
・演算機能のユーザカスタマイズ(オプション)
・便利なPreview機能

 

fig2_interpolation_highres

 

News
詳細説明(和文)
SBench6 Datasheet

 

hybridNETBOX – 1つのボックスにマルチチャネルAWGとデジタイザ

電子信号を同時に生成、取得、分析できる単一の機器

Spectrum社は、1つのボックスにマルチチャネルAWGとデジタイザを持つhybridNETBOXを発売しました。
hybridNETBOXは、信号の生成と集録を同時に行う必要があるアプリケーション向けのエキサイティングな新しい計測プラットフォームです。 2、4、または8ペアのマッチしたAWGチャネルとデジタイザチャネルを選択できる6つのモデルがあり、出力レートとサンプリングレートは40、80、125 MS/sです。これらの製品は、電子信号を同時に生成および取得する機能を備えているため、自動閉ループまたは刺激応答タイプのテストを実行する必要がある測定システムに最適です。たとえば、レーダー、ソナー、ライダー、超音波などの「echo」信号を再現出力して、それを取得する事ができます。マルチチャネル機能により、送信機と受信機のアレイが使用されている場合でも、をテストできます。
hybridNETBOXは、コンポーネントとサブアセンブリを高速かつ自動化された方法でテストする必要があるATEアプリケーションにも適しています。 DUTとUUT(テスト中のデバイスまたはユニット)の機能と許容誤差を、多数の簡単に調整できる複雑な信号で実行することにより、すばやく確認できます。この強力なテストプロセスは、バステスト、MIMO通信、回路検証、メカトロニクス、ロボットなどの多くのアプリケーションに展開できます。

 

詳細説明(和文)
hybridNETBOXの詳細な説明とその応用例

高速PCIeデジタイザに8ラインのデジタル入力が追加されました

高速デジタイザで、アナログ信号とデジタル信号の同期収集が可能

Spectrum社は、PCIeデジタイザの、高速・高分解能シリーズ用に、新しいデジタル入力オプションM4i.44xx-DigSMAを発表しました。このオプションは、既存のデジタイザカード(ベースカード)の隣に装着される追加モジュールであり、8ラインのデジタル入力を備えています。デジタル入力モジュールは、クロックとトリガをベースカードと共有しており、デジタル入力とアナログ入力が完全に同期してのデータ収集が可能です。幅広いミクストシグナル試験アプリケーションに、同期のとれたアナログ・デジタル信号計測は、理想的な組み合わせとなります。このオプションは、現行の”44”シリーズ全機種に対応しています。サンプリングレートは250 MS/sと500 MS/s、チャネル数は2または4です。アナログ入力チャネルの増設には、Star-Hub(Spectrum独自のクロックとトリガの分配システム)を使うことにより、最大8枚のデジタイザカードを連結することが可能となります。

詳細説明(和文)

digitizerNETBOXにミックスドモード試験向けのデジタル入力オプションが追加されました

全19チャネルのアナログ・デジタル信号の同期捕捉が可能

SPECTRUM社は、強力なミックスドモード試験用のオプションを追加することにより、定評のあるdigitizerNETBOXの機能を強化しました。この新しいオプションは、同期サンプリングが可能な8チャネルモデル4機種(サンプリングレート5 MS/s, 20 MS/s, 40 MS/s, 125 MS/s、分解能16ビット)に関して選択が可能です。
この新しいオプションでは、8チャネルのデジタル入力が、標準装備の3チャネル多用途デジタル入出力(I/O)に追加され、デジタル入力は全部で11チャネルになります。データ収集は、8チャネルのアナログ信号と11チャネルのデジタル信号を、同時に、完全に同期した状態で行えます。この19チャネルは全てフロントパネルのBNCコネクタを介して簡単に接続することができます。デジタイザには、試験システムの構築に必要なソフトウェアと様々なツールが用意されています。試験システムの例としては、メカトロニクス、ロボティクス、振動の研究、制御系、データバス解析、オートメーション、モーションコントロールなど多岐にわたります。

詳細説明(和文)

2020.04.02

任意波形発生器 貸し出しキャンペーン実施中!

SPECTRUM社の任意波形発生器(AWG)の貸し出しキャンペーンを実施しております。

 

キャンペーン対象のデモ機の型名は M4i.6631-x8、主な仕様は、2チャネル出力、アップデートレート 1.25 GS/s、帯域 400 MHzのPCIeカードです。

詳細につきましては、下記URLをご参照ください。

https://spectrum-instrumentation.com/sites/default/files/download/m4i66_datasheet_english.pdf

 

 

 

 

 
今回、貸し出しキャンペーン(期間4月~6月末)として、お試しいただいた方にもれなく、

SPECTRUM社の「DIGITIZER HANDBOOK」(非売品)を進呈致します。

 

デモ機貸し出しキャンペーンに関するお問い合わせ、お申し込みは、下記よりお願い致します。

お問い合わせフォーム (住所欄に住所のご記入もお願い致します。「お問い合わせ内容」欄に貸し出し希望時期をご記入ください)

e-mail:imt@imt-elk.com (ご所属、お名前、電話番号、住所、貸し出し希望時期をご明記ください)

電話:050-3498-9423

 

お問い合わせ、お申し込みをお待ちしております。

広帯域音響やメカトロニクスのアプリケーションに適したデジタイザ

SPECTRUM社は最高5 MS/sのスピードを持つ11機種のデジタイザを追加しました

SPECTRUM社は、DCから2 MHzの周波数帯での電子信号の捕捉や解析に特化した、11機種の新たなデジタイザを販売しています。サンプリングレート1 kS/s~5 MS/s、分解能16ビットの信号捕捉を提供することにより、振動、加速度、圧力や変位などの機械的な諸量を電気信号に変換する、ほぼすべてのアプリケーションに使用できます。この11機種のデジタイザは2種類のインターフェース、すなわちPCIeカード(チャネル数2~8)と、LXIイーサネット機器(チャネル数4~48)で使用可能です。

詳細説明(和文)

 

24 V出力可能な最大8チャネルの可搬型AWG(任意波形発生器)

SPECTRUM社は、大振幅信号発生が可能なLXIベースのAWG(任意波形発生器) 4機種を新たに追加しました。

 

今日の高度な電子システムで使われる信号発生器として、AWG(任意波形発生器)の波形発生機能がお役に立ちます。SPECTRUM社は、generatorNETBOXファミリーに新たに4機種を追加しました。新機種は振幅24V、8チャネルまで出力可能です。試験評価のアプリケーションに使用可能です。このAWGは最新の16ビットDAコンバータを使用し、最高出力アップデートレート125 MS/s のDN2.657と、40 MS/sのDN2.654があり、両者共、完全同期の4チャネルまたは8チャネルの波形出力が可能です。

 

 

詳細説明(和文)

 

2019.12.09

Spectrum社は、創業30周年を迎えました

Riding the PC instrumentation wave with quality, support and innovation

-2019年12月6日 ドイツ Grosshansdorf発-
ドイツのハンブルク郊外に本社を置くSpectrum社(PCベース計測器の専門メーカ)は、30年前の1989年12月に設立されて以来、グローバルな企業としての地位を構築してきました。彼らは、多目的に使用できるモジュラー設計手法を使用して、PCカード(PCIe、PXIe)及びイーサネット(LXI)接続のデジタイザや信号発生器を送り出しており、30年の間に、業界のリーディングカンパニー及び有名大学を含めて、世界中で多くの顧客を獲得してきています。

詳細説明(和文)

24 V出力可能なAWG(任意波形発生器)をM2pシリーズに追加

SPECTRUM社は大振幅信号発生が可能な6機種のAWG(任意波形発生器)を新たに追加しました。

SPECTRUM社は、PCIeカード型任意波形発生器(AWG) M2p.65xxシリーズに新たに6機種を追加しました。新機種は1MΩ負荷時で±12 V、50 Ω負荷時で±6 Vの振幅の波形発生が可能となるように出力範囲を拡大し、製品ラインナップの幅が広がりました。

この出力範囲を実現するために増幅回路が追加され、ヒートシンクもより大きなものになっています。その結果本体はPCIeスロット2枚分と少しだけ幅広になりましたが、長さ方向では168㎜のままとなっています。この小さなサイズで概ねどのPCにもフィットでき、パワフルで柔軟性に富んだ波形発生器となることができます。
M2p.65xxシリーズAWGは最新の16ビットDAコンバータを使用し、700 MByte/sの高速PCIe x4インターフェースを備えています。出力アップデートレート40 MS/s のM2p.654xシリーズと125 MS/sのM2p.657xシリーズがあり、両シリーズ共1、2、4チャネルの選択が可能です。

 

 

 
詳細説明(和文)